NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

やる気が出ない仕事主婦家事疲れが取れない寝ても眠い原因は病気?

      2016/02/29

otikomusaru001

なんだか寒くなるとやる気が出ないというか何もしたくない気持ちになるものです。

あぁもうこんな時間・・・外は真っ暗・・・気持ちも落ち込むのは当たり前。

日本人だけではなく世界中の人が同じだと思います。

それが実は病気かも知れないって知っていましたか?

スポンサードリンク

 

寒くなる時期にこんなことありませんか?

  • 出るのがおっくう
  • 疲れやすいいくら寝ても眠い
  • 布団からなかなか出れない
  • 甘いものを欲しくなる
  • なにをするのも面倒

もしこの中に当てはまるものがあるなら病気かもしれません。

家の中にある病気になる原因

この中に病気になる原因となるものが1つあります。

  1. ソファ
  2. エアコン
  3. こたつ
  4. テレビ
  5. カーテン

どれだと思いますか?

だらけしてしまうからソファ?

乾燥や温度差でエアコン?

ダメ人間製造機のこたつ?

まぁどれも怠けてしまうものではありますが違います。

正解は「カーテン」です。

なぜカーテンが病気の原因?

asahineko001

なぜカーテンが病気の原因になるのかというと寒いこの時期、日が暮れるもの早いのと日中も寒いので部屋の温度を保つためにカーテンやシャッターなどで窓を塞いでなるべく冷気を部屋に入れないようにしてしまいます。

床暖ではなく窓暖があればとも思うくらい窓からの冷気は嫌なものです。

室温を保つのは省エネにもいいですから仕方のない事ですがしかしこれが原因になっています。

その原因がカーテンを閉め切ってしまうことで起こる「日光不足」です。

寒い冬は室内にいることの方がどうしても多くなってしまいます。

野菜もそうですが日光不足だとやる気のない野菜がスーパーに並びますよね(笑)

それと一緒で人間も日光不足だとやる気がなくなります。

スポンサードリンク

「寒くなるといつもそうだから」は危ない!

日本ではあまり知られていないのですが日本より日照時間の少ない北アメリカやヨーロッパでは有名な病気です。

その病気とは?

冬季型うつ病(SAD)

冬季型というだけあって日照時間の少ない冬に日光を浴びることが少なくなることから発症しやすい病気です。

北アメリカやヨーロッパでは人口の1%~10%くらい発症してしまう人が多く有名です。

日本では人口の1%~3%くらいと言われていますが実際のところその予備軍はかなりいると思われます。

冬だから切なくなるとか、人恋しくなるとかよく言いますよね?

これは冬季型うつ病の予備軍と言ってもいいくらいです。

冬季型うつ病の怖いところ

まず冬季型うつ病ってあまり知られていないのかと言うと春になると暖かくなって外に自然と出るようになりますよね?

そう暖かくなると自然と治ってしまう病気なんです。

しかし一番怖いのが慢性化です。

毎年冬になるとやる気が出ないとかなる人は慢性化してしまっているかもしれません。

冬季型うつ病によって糖分の取りすぎや運動不足で肥満になったり場合によっては自殺の危険性まであると言われています。

冬季型うつ病予防

shiawasetukamu001

冬季型うつ病の原因は日光不足です。

今何かと話題になっている「幸せホルモン」のセロトニン不足となるので朝早く起きて朝日を浴びるためにカーテンを開けたり有酸素運動も効果的なのでそのまま勢いで散歩をするなどおすすめです。

食事でセロトニン不足を改善できるなどとありますが考えるのは面倒なので日光を浴びることをおすすめします。

単純に夏って解放感ありますよね暑さもありますが日照時間が長いのが一番の理由です。

一日30分は日光を浴びるようにして冬季型うつ病にならないようにしましょう。

 - , 生活, 病気

ツールバーへスキップ