NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

結婚式挨拶の定番3つの袋とは?結婚は人生の墓場本当の意味とは?

      2016/02/29

weddingspeech001結婚式の挨拶で定番の3つの袋はご存知でしょうか?結婚後の家庭円満の秘訣として「〇〇袋」とお話をするものです。

その袋の一般的なのは次の3つです。

  1. 給料袋
  2. 堪忍袋
  3. お袋(母親)

では、この3つの袋、実際にどのような意味があるかを解説していきます。

結婚式の挨拶を頼まれたのであれば参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

給料袋とは?

salary001

結婚して家庭円満でいられ続けるためには経済的な安定が必要です。

経済的に余裕がなければ人として余裕がなくなります。

余裕がない人ほど目先のことでいっぱいいっぱいになりそこから抜け出すことができません。

よく「ビンボー暇なし」といいますが、まさにこのことです。

厳しいことを言いますが、結婚後は一般的に、生活費、光熱費以外にも保険、出産、育児、外食、娯楽、学費、車、マイホーム購入など、とにかくお金が出ていくことばかりです。

世帯収入に対してちゃんと計画を立てないと成り立ちません。

なので給料袋というものがとても大事です。

余裕がない=お金がないです。

そして給料袋は堪忍袋に必ず影響します。

堪忍袋とは?

gaman001

結婚=他人との共同生活の始まりです。

婚姻関係だからといって血がつながるわけではありません。

生活上どうしても気に入らないことや納得できないことが必ず起こります。

結婚は我慢の連続だといいますがそれはちょっと違います。

我慢をするとうまくいきません。

些細なことでも積み重ねによっていずれ爆発します。

そうなると、もうどうにもなりません。

なぜなら夫婦とは本来「他人」なのですから。

人を嫌いになるのは簡単ですが、嫌いな人を好きになることが一番難しいです。

もし、過去に嫌いな人がいるのであれば今からその人を好きになることはできますか?

間違いなく出来ないでしょう。人間とはそういう生き物です。

結婚とは我慢の毎日ではなく「思いやりの毎日」でなくてはいけません。

人間の行動には必ず理由があります。

納得できない、気に入らないと我慢する前に、その理由について考えることが大事です。

例えば、台所に食器が洗わずに溜まってしまったとします。

それを見てどう思いますか?

家事をサボっていると思いますか?

こう考えてみてください。

何か悩みでもあるのかな?具合でも悪いのかな?

そして気づいたのなら何も考えずに洗ってください。

それが「思いやり」というものです。

残念なことに日本では3組に1組が離婚すると言われてます。

その離婚原因は「性格の不一致」と言われていますがそれは違います。

お互いに思いやれなかったが原因です。

そもそも、お結婚は相手のありのままを受け入れることです。

スポンサードリンク

お袋とは?

senior001

今まで、育ててもらった恩と尊敬する気持ちを忘れずに、今後も接してくださいということです。

  • こどもを授かった時にいろいろと相談に乗ってくれる母親。
  • 出産後のフォローをしてくれる母親。
  • 育児など悩みを自分のことのように一緒になって悩んでくれる母親。
  • 家事全般を教えてくれる母親。

結婚生活の始まりで一番頼りになるのは母親のサポートです。

家事や育児をこなしていくうちに必ず「母親の大変さ偉大さ」が身に染みて感じます。

別々に暮らすことで疎遠になりがちですが夫婦どちらの母親もいつまでも大事にしてください。

その他の袋とは?

最近は胃袋(料理上手)や金玉袋(子宝に恵まれる)などもあるそうです。

胃袋をつかめば仕事帰りなど寄り道をせずにまっすぐ帰ってくる、変な虫が付かないように、健康管理などの意味があります。

金玉袋は子宝に恵まれることを意味するとして使いますがウケ狙いが目的です。

最後に結婚とは何か?

結婚とは「人生の墓場だ!」とよく言われますが、まさにその通りです。

しかし、自由が無くなるなどネガティブなことではありません。

本当の意味、結婚とは・・・

「最期にお互い同じお墓に入ってもいい相手とするもの」

 - イベント

ツールバーへスキップ