NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

高畑淳子と高畑裕太の親子関係は?苦労続きの子育て人生を振り返る

   

takahatayuuta009

高畑淳子さんは以前、雑誌でこんなことを語っていました。

「子どもをきちんと育てること それが私にとっての一大事業だと思っています」

しかし、そんな思いは息子の裕太容疑者に裏切られてしまいました。

スポンサードリンク

苦労して生んだ長男

takahatayuuta006

高畑裕太を出産したのは38歳の時、当時から劇団で女優をしていた高畑淳子さん、出産のときの苦労を雑誌のインタビューでこう振り返っていました。

長男を出産するため、劇団の公演を潰すことになってしまい、劇団からは謹慎処分

「もう女優生命は終わり」という怪電話もかかってきました。

2回目の離婚は長男(高畑裕太容疑者)が、お腹の中にいる時

(引用元:婦人公論2010年11月22号より)

長男(高畑裕太容疑者)の妊娠と同じ時期に離婚した母・高畑淳子さん、やがて女優の仕事を再開をしますが、女手一つで体の弱かった高畑裕太容疑者を育てるのは並大抵の苦労ではなかったといいます。

2014年3月25日放送のはなまるマーケットで高畑親子で出演した時、母・高畑淳子さんはこんなことを言っていました。

「こんな子どもって大変なのかって一生分の私が男性にかけた迷惑の全てをひっくるめて懺悔している位、手が掛かるんですよね」

高畑裕太容疑者が俳優を目指したのは母の舞台がきっかけ

高畑裕太容疑者が母と同じ俳優を目指したのは高校三年生の時、母親の舞台を見たことをきっかけに真剣に俳優を目指すことになったといいます。

すげー面白かったから 演技ってこんなに面白いんだと思って 真剣に演技学ぼうって

高畑裕太(当時20歳)

そんな真剣な息子に母・淳子さんはーーー

「成功率は本当に狭い世界ですから 駄目だと思ったときは引き下がらなきゃいけないし でもやりたければ止められませんよね

と、息子が俳優で生きていく決意を後押ししていました。

息子の初公演を見に行ったことについて聞かれるとーーー

「見ましたよ 初めての作品を見に行きましたよ!フィガロの結婚という難しいお芝居で・・・」

と、嬉しそうに息子の舞台姿を語っていました。

その後、母親の応援もあり舞台やテレビドラマのほかバラエティーにも精力的に挑戦し、一躍人気俳優となった。

スポンサードリンク

母の日を祝う仲むつまじい親子

今年5月の母の日には二人で祝う仲むつまじい様子をインスタグラムで公開をして、息子の仕事の順調を喜んでいました。

takahatayuuta004

「小っちゃいころから大きくなったら お母さんのために家を買ってあげるよって言っていたんですけど 大ほら吹きだなと思ってたけど まぁ小さな一歩ですかね 何より皆さんに可愛がってもらって お仕事できることをうれしく思っております」

一方では、その仕事の多忙ぶりを心配する面もーーー

takahatayuuta007

「うちの裕太くんが、今とても忙しくいているので体が心配です ちゃんと寝てほしいし いつも玄関から帰ると歩くらいでソファーに倒れ込んで死んだように寝てるので 本当にありがたいです お仕事をさせていただいてるのはありがたいんですけど 体に気をつけて長く この仕事を続けていってほしいと思っています」

体調を気遣い長く芸能界で仕事を続けてほしいと願っていました。

一方、高畑裕太容疑者も番組内で母・淳子さんはこんな言葉を手紙で残していました。

takahatayuuta005

「お母さんに今日の稽古では  こんなことをしたよ あんなことをしたよと話すのが楽しみでしかたありませんでした お母さんの演劇の話を聞くのが この2年間 僕が唯一幸せと思える時間でした 演劇の存在を教えてくれてありがとう 母さんの笑った顔が僕は一番好きです 本当だよ 親愛なる母へ 裕太より」

母の思いや期待を裏切ることになった今回の犯行・・・映画や舞台、テレビドラマ、バライティーなど順風満帆な日々を送っていた高畑裕太容疑者だけに何故こんな軽率な行動をしてしまったのだろうか疑問です。

まとめ

加害者は高畑裕太です。

被害者はホテル女性従業員ですが、母・高畑淳子さんもある意味被害者だと言えます。

日本の大女優・高畑淳子さんが息子の起こした犯罪で責任を取り芸能界を引退するなんてことがないことを願うばかりです。

 - エンタメ, 速報

ツールバーへスキップ