NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

潜在保育士を復帰させるために日本もベーシックインカム導入を検討するべき

      2016/03/31

d6cbee91568f0b7df33e8a5aa48cbfc5_s ベーシックインカムとは『すべての人に必要最低限の所得を給付する』という制度ですが、今年(2016年)1月から試験的に導入することをオランダ第4の都市ユトレヒトが発表したことで話題になりましたね。

昨年(2015年)12月にはフィンランドで世界初のベーシックインカム導入と誤報がありましたが、実際の国は『スイス』で、今年(2016年)6月、実現に向け国民投票が行われる予定で世界が注目をしています。

ベーシックインカム導入には賛否両論ですが、最近『はてな匿名ダイアリー』に投稿された『保育園落ちた日本死ね』で保育園の問題について共感した親や保育士さんがツイッターなどの呼びかけに集結し国会内で集会を開き出席した十数人の国会議員に切実な思いを訴えたことで話題になりましたが、これこそベーシックインカムを導入すれば解決できると思いませんか?

スポンサードリンク

保育園に落ちた日本死ねと投稿した人がなぜ落ちてしまったのか?

疑問に思うのが日本は深刻な少子化問題です。

出生率の低下により子供の数が減り、首都圏内でも20年程前は1学年4クラス5クラスでしたが、今では1クラス2クラスしかない小学校が当たり前になりそう考えると保育園が足りないっておかしいと思いませんか?

今より昔の方が足りなかったのでは?と普通は思います。

近所の公園でも遊んでいる子供の数は少なく、場所によっては誰もいない公園も当たり前のようにあります。

出生率や子供の数を考えると保育園に入れないなんて考えにくいです。

実際は保育園の数ではなかった

保育園に入れない=保育園が足りないと思う人が多いと思います。しかし、実際は保育園の数ではなく、『保育士不足』一番の問題だった。

保育士はたくさんいるのに・・・

いつの時代も働く親を支えてきた保育士ですが、現在の日本で働いている保育士の数は約40万人です。

保育士の資格をもった人数は約110万人となります。

資格を持っているのに保育士として働いていない人が約70万人もいるということです。

それが働きたくても働けない『潜在保育士』です。

潜在保育士の方が多い異様な業界

本来、その職に就くために資格というものは取得するものですが、日本の保育士は今、働きたくても働けないのが現状です。それは保育園の数が足りないからではありません。

一番の理由は低賃金(長時間労働)

保育士は国家資格であり資格を持っていないと出来ない業務の割にハードで更に賃金が安い。

ここでは保育士の業務について多くは語らないが1つ言えることは子供のお守りをただしていればいい訳ではないということ。

保育士を目指し保育士になったものの低賃金により生活苦で辞めざるを得ないのです。

賃金問題が解消することで復帰できない潜在保育士が何十万人も復帰できるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

低賃金問題を解消するのがベーシックインカムの導入

ベーシックインカムって聞くと財源がないとか仕事をやる人が居なくなるとか意見がでますがここは置いといて、ベーシックインカムで全員に必要最低限の所得を給付したらどうでしょう?

給付する金額は物価により常に変動するのは当然だと思いますが、賃金問題は解消されると思いませんか?

生活に必要な最低限の収入が確保(贅沢はできない)できればあとは足りない分働けばいいわけです。

本当に働きたい職に就く

保育士が続けられない、復帰できない一番の理由が『低賃金』です。保育士に限らず、本来仕事は生きていくためにするわけではなく人生を楽しく過ごすためにするものだと思いませんか?

保育士を目指された人達の一番の理由は『子供が大好きだから』や『大好きだった先生のようになりたい』だと思います。

ベーシックインカムを導入すれば本当は保育士として復帰したい人が復帰できる環境が作れると思います。

ベーシックインカムを導入することで業務スタイルの改善もできます。

保育士の業務がハードなら人数を増やして働く時間を6時間交代制にするなど1人に掛かる負担を軽減することなど方法はいくらでも考えられます。

保育士だけではない親も育児に専念できる

保育士不足問題もありますが、そもそもベーシックインカムを導入すれば共働きをせざるを得ないことが解消されます。

今は共働きをしないとならないために保育園に落ちた家庭は割高でも無認可保育園に預けざるを得なく折角稼いだお金も生活費ではなく保育料で無くなってしまうこともあります。おかしいと思いませんか?

育児ができる環境に引っ越せる

ベーシックインカムが導入されれば今の場所に拘らずに子供のために引っ越すこともできます。

そうなれば過疎化の進む地方も住民を取り込むためにいろいろと動きます。ふるさと納税なんてやるよりこちらの方がより効果的だと思いませんか?

出生率があがる

ベーシックインカムは一人一人に一律の金額を支給する制度です。一人より二人、二人より三人と増えるだけで世帯での合計支給額は上がります。出産をすることで生活が苦しくなると考える必要がなくなると思いませんか?家族が増えることで生活も賑やかになり楽しくなると思いませんか?兄弟を増やすことが子供の教育にもいいと思いませんか?

出産=育児+仕事だと分かっていて子供を増やそうと思う人がどれほどいるのでしょうか?出生率の低下がそれを意味していますよね!

まとめ

日本の少子高齢化は今後更に加速します。これから5年10年さらに20年とテクノロジーの進化は止まらなくAI(人工知能)ロボットに仕事が奪われ職を失うとも言われてます。

テクノロジーの進化は人間がすでに予想できないくらいの速さで進んでいます。

実際、保育士不足問題だけではありません。いずれは何か対策をしなければならないのです。

オランダ第4の都市ユトレヒトの実験結果やスイスの国民投票結果では日本以外も何らかの動きをみせると思いますがこのような事案は先進国である日本がまずやるべき政策の一つではないでしょうか?

 - 時事ネタ

ツールバーへスキップ