NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

【リオ五輪】陸上男子100mケンブリッジ・山縣・桐生9秒台は誰?

   

gekisen001
リオデジャネイロオリンピック2016陸上競技の日本代表選手が発表されましたね。

歴代最強の呼び声高い男子短距離陣は、前評判通りケンブリッジ飛鳥選手、山縣亮太選手、桐生祥秀選手3名が25日の日本選手権100メートル決勝で激闘!

結果、1位のケンブリッジ 飛鳥選手が内定し、2位の山縣亮太選手も、理事会を経て内定。

3位の桐生祥秀選手は、日本陸連の派遣設定記録10秒01をすでに突破していたことで代表が内定した。

今回は代表選手のプロフィール紹介と日本人初の9秒台をマークするのはこの選手ではないか?と筆者目線で考察してみたいと思います。

スポンサードリンク

【陸上】男子100m代表選手プロフィール

kiryu001

桐生 祥秀選手

  • 読み:きりゅう よしひで
  • 生年月日:1995年12月15日
  • 出身地:滋賀県彦根市
  • 血液型:O型
  • 身長:175cm
  • 体重:68kg
  • 学歴:彦根市立南中学校→洛南高校→東洋大学
  • 100m自己ベスト:10秒01(日本歴代2位)

第100回 日本陸上競技選手権大会結果

男子100m 順位 記録
予選2組 1位 10.37
準決勝2組 2位 10.29
決勝 3位 10.37

桐生選手 決勝後のコメント

「こんな形で五輪を決める予定ではなかった。ものすごく悔しい」と涙を流しました。

yamagata001

山縣 亮太選手

  • 読み:やまがた りょうた
  • 生年月日:1992年6月10日
  • 出身地:広島県広島市西区
  • 血液型:A型
  • 身長:176cm
  • 体重:68kg
  • 学歴:修道中学校→修道高等学校→慶応義塾大学
  • 所属:セイコーホールディングス
  • 100m自己ベスト:10秒06(日本歴代5位)

第100回 日本陸上競技選手権大会結果

男子100m 順位 記録
予選3組 1位 10.49
準決勝2組 1位 10.26
決勝 3位 10.17

山縣選手 決勝後のコメント

「決勝は一番いいレースだった。それでも結果が伴って来なかったのは、まだ自分の力が足りないということ」と唇を噛みしめた。

cambridge001

ケンブリッジ 飛鳥選手

  • 読み:けんぶりっじ あすか
  • 生年月日:1993年5月31日
  • 出身地:ジャマイカ
  • 血液型:O型
  • 身長:180cm
  • 体重:76.5kg
  • 足サイズ:27.5cm
  • 学歴:大阪市立淀川中学校→江東区立深川第三中学校→東京高校→日本大学
  • 所属:ドームトラッククラブ
  • 100m自己ベスト:10秒10(日本歴代9位)

第100回 日本陸上競技選手権大会結果

男子100m 順位 記録
予選1組 1位 10.35
準決勝1組 1位 10.25
決勝 1位 10.16

ケンブリッジ選手 決勝後のコメント

「緊張も無く、イメージ通りの走りができた。トップスピードに乗る前に抜けると思った」と会心の笑みを浮かべました。

日本初の9秒台は誰が?

100m_start001

日本記録は1998年12月13日バンコクアジア大会の男子100m準決勝で伊東浩司選手が10.00(+1.9)です。

最近では、桐生祥秀選手が2015年3月28日に米テキサス州オースティンで行われたテキサス・リレーの100mで3.3メートルの追い風参考記録ながら9秒87をマークしました。

この結果だけをみると桐生祥秀選手が9秒台に一番近い選手だと思いますが、ちょっと波がある感じがしますね。

そこで、日本陸上競技選手権大会結果をみるとこの選手ではないかと筆者は考えます。

日本初の9秒台はこの選手

上記動画は期間限定配信のため見れなくなっていたらすみません。

筆者が思うに日本人初の9秒台は「ケンブリッジ飛鳥選手」がやってくれるのではないかと期待しています。

山縣選手はスタートはいいのですが、後半の伸びがない。

実際の放送をご覧になった方は、お気づきかと思いますがケンブリッジ飛鳥選手は今までの日本人選手に見られがちだった後半の失速ではなく後半に驚異的な伸びを見せてくれる選手です。

世界記録保持者ジャマイカのウサイン・ボルト選手など世界のトップアスリートたちは後半に伸びがある選手ばかりですよね。

ケンブリッジ飛鳥選手の尊敬する選手はウサイン・ボルト選手とも言うだけあって走り方もどこか似てる感じにも見えます。

まとめ

日本は100mで9秒台をマークできるか?というレベルなので金メダルは全く期待できませんが、そこは置いといて日本人初の9秒台が生まれる日はそう遠くないのではないでしょうか。

どうせなら大舞台リオデジャネイロオリンピック2016で日本人初の9秒台をマークしてほしいですね。

桐生選手、山縣選手、ケンブリッジ飛鳥選手の活躍に期待しましょう。

がんばれニッポン!

 - リオ五輪

ツールバーへスキップ