NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

マイナンバー制度でキャバクラやスナック夜の副業はどうなる?

      2016/02/29

snack001マイナンバー制度導入後はキャバクラやスナックなど夜のお仕事を副業にしている人がやりにくくなると言われています。

つい最近夜のお仕事を副業にしている女性にマイナンバーについて聞いてみましたが回答はこうだ。

「なんかよくわからない」

まぁこんなもんだろう。

では実際はどうなんだろうか。

スポンサードリンク

 

やりづらくなる理由

hijyouguchi001

人それぞれバレたくない理由はあると思うが会社にバレるから辞めるという意見より不味いのはこの2つだろう。

  1. 税務署にバレる
  2. 家族(親)にバレる

正直会社にバレたところで気にする必要はほとんどない。

今の時代、昼間の仕事だけでやっていける方が不思議なくらいだ。

税務署にバレる

キャバクラやスナックのホステスは個人事業主として報酬を受け取ってることが多い。

経営者は従来から「年間50万円以上の報酬」を支払う場合に税務署に「支払調書」を提出する義務がある。

現在の支払調書には「住所・氏名」しか記入する欄がなかったのでホステス本人を特定することが難しかった。

しかしマイナンバー制度が始まるとこの支払調書に「マイナンバーの記入欄」が加わる。

今まで本業以外は申告をしていない人が多い世界ではあったがマイナンバー制度導入により税務署は確定申告をしていないホステス本人を把握できるようになる。

納めないといけない税金を納めてないってことは「脱税」となる。

中には納めなくていいと言っているメディアもありますがバレる可能性が高くなることは事実でバレることをビクビクしながら過ごすより納めるべき税金をちゃんと納めればよいだけ。

額が小さいと目を付けられることは少ないと思うが高額所得の場合は目を付けられる確率は高くなる。

税金の怖いのは借金と違い自己破産しても逃げられないことです。

追加徴税にならないように注意。

税務調査になった場合は過去5年(悪質な場合は7年)を遡るのでこれだけはちゃんと領収書の管理をしておくことをおすすめする。

  • 仕事で使用する携帯代
  • 仕事で使用する衣装代
  • 仕事で使用するヘアメイク代
  • 仕事上での飲食代
  • 仕事上での移動費(タクシーなど)

お店に渡される人がいるみたいですが確定申告は自分でするものです。

渡さずに保管すること。

スポンサードリンク

家族(親)にバレる

これが一番の問題だと思うのは当サイトだけだろうか?

もし家族や親に内緒でキャバクラやスナックなど夜のお仕事をしているならバレるのも時間の問題。

扶養控除の適用範囲は扶養親族の年間収入額103万円以下の場合。

もし主婦や学生がキャバクラやスナックなど夜のお仕事として103万円を超えているなら扶養親族から外さないといけない。

外さないといけないなら夫や親が仕事内容を聞くだろう。

ちなみにもし確定申告をしていなくバレてしまった場合は夫や親がウソの申告をしている事になり延滞金付の追加徴税が科せられる。

今までは仕事内容を誤魔化せたと思うが実は一つどうしても誤魔化せない問題がある。

それがマイナンバーの法人番号だ。

個人番号とは別で法人に付番される番号なのだがこれは原則一般に公開される。

2017年より開始予定の「マイポータル」どこまでの情報が閲覧できるか分からないが家族間の情報はダダ漏れになる。

バレることや税対策で個人営業は危険

oniisando001会社、税務署、家族(親)どうしてもバレたくない納めたくないからと言って店を通さずに自ら客を取って営業するような「フリー」を考えているかもしれないがこれは「違法営業」その場合トラブルになった時だれも頼りにできない。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

マイナンバー簡単にわかりやすく解説!メリットとはあるのか?
個人番号カードは運転免許のように身分証明では使えない
一歩間違える大変なことに個人情報保護法以上の厳しい罰則!
銀行口座の紐付メリット・デメリット政府の狙いは富裕層の資産か?
政府の思惑通り生活保護不正受給はマイナンバーで無くなるのか?
副業がバレるのは税務署と会社の2つ!その対策方法を公開
マイナンバー最大の問題は情報漏えいじゃない本当はコレだった!
配偶者控除パート収入103万の壁より本当の壁は別にあった!
ネット収入アフィリエイトせどり転売屋マイナンバーで狙い撃ち!

 - マイナンバー

ツールバーへスキップ