NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

【熊本地震】義援金詐欺に注意!東日本大震災後の詐欺手口まとめ

   

kumamotojisin-gienkin-sagi

2016年4月14日21時26分ごろのM6.4震度7の前震発生から2016年4月16日1時25分ごろM7.1震度7の本震と立て続けに発生し甚大な被害の爪痕を残した「平成28年熊本地震」。

多くの被災者や犠牲者が出てしまいました。

まだ記憶に新しい2011年3月11日「東日本大震災」から早くも5年・・・自然災害の猛威を再認識したのではないでしょうか。

しかし、残念なことに全国から多くの支援物資や義援金を募ることを利用し心無い者による詐欺被害が横行しているのも事実です。

今回は横行する詐欺被害に合わないように今までに実際にあった地震絡みの詐欺手口をまとめましたので参考にしてください。

スポンサードリンク

東日本大震災で実際にあった詐欺

ここで紹介するのは全てではありません、詐欺師は言葉巧みに仕掛けてきますので注意してください。自分は騙されないって人ほど意外に騙されてしまうのが詐欺です。

  • 銀行員や公的機関、その他の団体等の職員を装い家庭に訪問したり電話やメール等で、被災者向けの特例支払のためなどと偽って、通帳・カード・印鑑等の提示を求める。
  • 公的機関、その他の団体等の職員を名乗って電話で「義援金を集める活動をしている。支払方法は振り込みです。」と振り込みを求める。
  • 公的機関、その他の団体等を匂わす名称を語り「災害支援基金への寄付をお願いします。」というFAXを流し振り込みさせる。振り込み先は団体ではなく個人口座。
  • マンション管理会社を装って家庭を訪問し「地震に耐えられるようにブレーカーの工事が必要です。」などといって現金を徴収する。
  • 電話で被災地にいる身内を装って現金を求める。
  • 被災者の親族だと装い「家族が被災したが、急いでバスで帰りたいのにお金がない。」等と言って現金を求める。
  • 貸金業者を装い、電話やメール等で家屋の修繕費や生活費の融資を勧誘、融資を申し込んできた人に対して保証金などを理由にし、現金を預金口座に振り込ませてお金をだまし取る。
  • 被災者を装い、インターネットの掲示板で「交通費を支援してほしい」等と書き込み、現金を求める。
  • 自宅を訪問し、「不要な貴金属(指輪・ネックレス・高級時計)があれば、換金して被災地に寄付するので譲って欲しい。」等と言って貴金属をだまし取る。

とにかく誰かに言われて動くのではなく、自分の意思で動いて義援金を寄付するようにしてください。

消費者庁

  • 「公的機関が各家庭に電話で義援金を求めることは考えられない。口座に振り込む場合は、振込先の名義もよく確認してほしい」と話す。

不審に思った時は消費者ホットライン(電話188)へ

マイナンバーにも注意してください!

詐欺は現金や貴金属だけではありません。今年1月から導入された「マイナンバー」の提示を求めたり、カードを一時預かるなどの詐欺被害も予想されます。

Q5-8 マイナンバーを取り扱う場合に何に注意すればいいですか。

A5-8 マイナンバーは生涯にわたって利用する番号なので、通知カードやマイナンバーカードをなくしたり、マイナンバーをむやみに提供したりしないようにしてください。 マイナンバーの通知や利用、マイナンバーカードの交付などの手続で、行政機関などが口座番号や口座の暗証番号、所得や資産の情報、家族構成や年金・保険の情報 などを聞いたり、お金やキャッシュカードを要求したりすることは一切ありません。銀行のATMの操作をお願いすることもありません。 こうした内容の電話、手紙、メール、訪問などには絶対に応じないよう、注意してください。(2015年12月回答)

Q5-9 他人のマイナンバーを収集してはいけないのですか?

A5-9 社会保障、税、災害対策の手続きに必要な場合など、番号法第19条で定められている場合を除き、他人(自己と同一の世帯に属さない者)のマイナンバーの提供を求めたり、他人(同左)のマイナンバーを含む特定個人情報([Q5-6]参照)を収集し、保管したりすることは、本人の同意があっても、禁止されています。(2014年7月回答)

(引用:内閣官房 マイナンバー社会保障・税番号制度 よくある質問(FAQ)より)

スポンサードリンク

色々な義援金活動がありすぎる

義援金を送りたいのにどこに送ればいいのかありすぎて分からないと思っているひとは多いと思います。

一番はNHKでも流れている「義援金受け付け」です。

平成28年熊本地震災害義援金

日本赤十字社

http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/

東京都福祉保健局

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/joho/soshiki/shidou/shidou/oshirase/H28gienkin.html

赤い羽根共同募金

http://www.akaihane.or.jp/topics/detail/id/403/

この他にもいろいろと義援金活動をしている団体もありますが、その義援金が本当に被災地・被災者・被災者の遺族に使われることが本来の目的ですので必ず確認をしてください。

くまモングッズ購入は義援金寄付になる?

詐欺師はお金になるものであれば何でも悪用します。

今回は熊本での震災だった為にご当地キャラの「くまモン」のグッズを購入して寄付したつもりでいる人も多いようですが、販売している店舗が売り上げの一部を義援金として寄付すると言っていなければ全く意味ありません。(本当にするかも疑問です)

商標の使用には許可申請の届出をして所定の使用料を支払うのが一般的ですが、「くまモン」は熊本のPR活動で使用する場合に申請すれば使用料は無料になりますので言ってしまえば北海道でも熊本県産のものを原料に使う、あるいは熊本県をPRする文字をパッケージに入れるなどすれば、商標の使用料は無料になります。

まとめ

日本は犯罪率は世界でも最低水準にあり、安全な国として知られています。

それは日本人が心優しく見知らぬ人でも困っている人はほっとけないという気持ちを持つ人が多いからではないでしょうか。

しかし、そんな思いを踏みにじるかのように心無い人もいるのは事実であり残念です。

このような人の心に付け入る行為は絶対に許されません!

少しでも怪しいと思ったのなら自分一人で考えるのではなく周りの人に聞いてみたり消費者庁などの相談窓口を必ず利用してください。

それが撲滅につながりますので!

 - 地震, 自然災害

ツールバーへスキップ