NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

腸内細菌(腸内フローラ)増やし方!病院でも患者に飲ませてる飲み物

      2016/02/29

tyounaisaikinup

最近テレビや雑誌など各メディアで話題の腸内細菌、腸内フローラですがどこまで知っていますか?

最新の研究から肥満、アレルギー、糖尿病、動脈硬化さらには脳にまで影響があることがわかってきたようです。

今回は腸内細菌、腸内フローラについて簡単に解説します。

スポンサードリンク

 

腸内細菌が私たちの健康をサポート

最近テレビや雑誌でも話題になっている腸内フローラ。

フローラというのは集合とか分布などを意味します。

つまり「腸内フローラ」とは腸内の細菌が集まったものをいいます。 腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)ともいいます。

お腹の中に細菌はどのくらいいると思いますか?

標準的な成人男性の1人が持つ腸内細菌の量

1.5kg

500mlペットボトル3本分もの細菌が腸内に生息しています。

細菌の数でいうと腸内細菌数

100兆個

人間の肌にいる細菌・微生物が約1兆個ですがその100倍もの細菌や微生物がお腹の中に生息しています。

おなじみの飲み物が患者を救う!?

乳酸菌やビフィズス菌は誰もが聞いたことがあるとおもいます。

その代名詞でもある飲み物が患者を救っているというのです。

消化器ガンの中で最も難しいとされている肝門部胆管ガンその手術実績世界一の病院「名古屋大学医学部付属病院」が10時間を超える難手術を翌日に控えている患者に飲ませているのがおなじみの乳酸菌飲料「ヤクルト」

なぜ?飲ませているかというと手術前2週間と手術後に回復するまで乳酸菌とビフィズス菌を摂ることで回復スピードが明らかに違うことが分かったためです。

なので、術後の感染性合併症の原因となるような生体にとって悪い働きをするバイ菌が増えるのを抑えて反対に乳酸菌やビフィズス菌といった生体にとって良い働きをする菌が減るのを抑えるために飲ませています。

もう一つ理由があります。

大きな手術や交通事故などで体にストレスが加わると腸内フローラのバランスが崩れることが分かりました。

手術の2週間前から術後回復するまで乳酸菌とビフィズス菌を摂取し合併症などの原因となる菌を増えないようにしているのです。

腸内細菌がもたらす効果は数字にも表れています。

従来、感染性合併症の発症率は約52.2%それが乳酸菌とビフィズス菌を摂ることで12.2%にも下がったという。

この方法の良いところは飲む辛さもない、副作用も全くない。気軽に使えるところです。

医療の現場でも注目を集める腸内細菌の最先端研究

山形県・鶴岡市人口およそ13万人の町に腸内フローラ研究の歴史を変えた施設があります。

それが「慶應義塾大学先端生命科学研究所」です。

ここではどんな研究が行われているのでしょうか?

研究所の中には大切な試料として人間の便のサンプルが数千もの数を保有しています。

便の中には実は、お腹の中の情報どういう微生物がいてどういう機能を果たしているかという情報が含まれています。

この研究所では便のことをもはや宝石と同じくらいの価値がある「茶色い宝石」だと言います。

人間の便は、水分約80%、吸収されなかった食べ物成分約7%、腸内細菌約7%、その他約6%で構成されていて、吸収されなかった食べ物成分と同じくらい腸内細菌がありとても貴重な情報源なのです。

スポンサードリンク

腸内細菌は体のどの部分にいるのか?

腸内細菌の居場所

  • 腸壁の表面に薄い膜の様に広がっている
  • 腸内の空間にぷかぷかと漂っている

ヨーグルトで有名な乳酸菌、ビフィズス菌さらには大腸菌など1000種類ともいわれる細菌が腸内の中に生息しています。

私たちの身体を構成する細胞の数は約37兆個といわれていますが遥かに多い数の腸内細菌がお腹の中に生息しています。

進化の止まらない最先端技術

17世紀オランダの科学者レーウェンフックが人間の便の中から発見した腸内細菌、20世紀後半には種類が数百におよぶことは分かっていたが菌自体については形など一部の情報しか得ることができなかった。

しかし、21世紀に入り状況が一変、新時代の解析技術がぞくぞくと登場し腸内細菌の果たす役割が明らかになってきました。

その装置が慶應義塾大学先端生命科学研究所で開発された「メタボローム解析システム」

この装置の凄いところを研究者はこのように語っています。

腸内細菌の種類や数だけではなくお腹の中で微生物がどのように振る舞っているか知ることができる。研究者が想像もしていないような物質まで調べることができるようになってきた。世界ナンバーワンの分析設備と言っても過言ではない。

引用:慶應義塾大学先端生命科学研究所

腸内細菌の働きが明らかになるということはさまざまな分野への応用が可能になってくるということです。

最近の調査ではアレルギーの発症と腸内細菌の関係は密接であることがわかってきました。

近い将来もしかすると腸内細菌によってアレルギーを抑えることができるかもしれない・・・。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

体臭、肌荒れ、乾燥肌、ニキビは肌と細菌の密接な関係にある!
花粉症、アトピー、食物アレルギーのこどもが増え続ける理由

 -

ツールバーへスキップ