NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

3歳4歳5歳子供用自転車サイズ選び大きいサイズはダメおすすめは?

      2016/02/29

bicycle003

ここ最近は2歳3歳からランニングバイク「ストライダー」で遊んだお子さんは多いと思います。

4歳ともなると大分体も大きくなりそろそろ普通の自転車を買ってあげる頃ではないでしょうか。

12インチ、14インチ、16インチといろいろ種類がありますが体の大きさ手の大きさを考えると12インチがベストです。

そのなかでもおすすめは「へんしんバイク」です。

スポンサードリンク

なぜへんしんバイクがいいの?

へんしんバイクはランニングバイクとしても使えるため他の12インチの自転車よりハンドルの高さが低いのがいいポイントです。

腕を上げて乗るより腕をさげて乗る方がバランスが取れます。

バイクを思い出してください。

アメリカンのバイクってありますよね?

乗りにくそうではないですか?

実際乗りにくいですし小回りもできません。(笑)

ほかの12インチ自転車より軽量

ほかの12インチの自転車は10キロ前後ですがへんしんバイクは7.5キロです。

お子さんの足のちからでも踏み込めるように車体が軽く設計されています。

もし転んだ時にお子さんの上に乗っかってしまうなら軽い方がいいですよね。

軽いのでお子さんでも簡単に起こすことができます。

ペダルとブレーキ操作を覚えなくてはいけない

ランニングバイクでは足で蹴る足で止るの動作だけだったのでペダルを漕ぐのとブレーキを握る感覚が最初つかめません。

どうしても最初は足で蹴ろうとするし足で止まろうとしてしまいます。

しかしバランスについてはすでにトレーニング済みなのでさすが子供のみ込みが早いです。

まずはペダルを漕ぐことを覚えさせてください。ブレーキはその次です。

そもそも12インチの自転車なので乗りなれるまではスピードはでません。

車体もストライダーほど軽くはないですが足で止まることはまったく問題ないです。

止まるときにペダルが足に当たって痛いので厚手の長ズボンとハイソックスを着用するのをおすすめします。

大人も子供も一緒

慣れないうちにいっぺんに全てをやってしまうといい結果にはなりません。

人って早く結果が欲しい生き物なので結構やってしまいがちですがこれはいけません。

段階が重要です。

ペダル操作に問題がなくなったらブレーキ操作を教えてあげてください。

子供の興味をどこに向けるかで上達スピードは変わります。

ブレーキを覚えるとそれが楽しくなって自分から止まる遊びを始めます。

にっこり笑顔でこんな事を言うかも知れませんね

「パパママ僕止まれたよ」
「パパママ私止まれたよ」

スポンサードリンク

ストライダーが12インチだから自転車は14インチ

ストライダーを持っているから同じ12インチより14インチに目がいってしまうかもしれません。

多少大きいくらいだからいいと思い14インチを買ってしまわれることがあるかもしれませんがこれは間違いです。

年齢ではありません「お子さんの体に合ったサイズがベスト」です。

なので個人差はありますが大抵の4歳5歳のお子さんには12インチがベストです。

その中で一番おすすめが「へんしんバイク」になります。

へんしんバイクだからといってへんしんさせなくてもいい

ストライダーなどのランニングバイクをお持ちでないのであれば最初はペダルなしでバランス感覚をつかむのも当然ありです。

すでにバランス感覚を身につけているなら最初から自転車として組み上げてもいいんです。

ちょっと損した気分になるかもしれませんが気のせいです。(笑)

お子さんが自転車を乗れるようになったら買ってよかったなと思います。

12インチすぐに小さくて乗れなくなるんじゃないの?

そう思うかもしれませんが実際うちの息子は3歳半くらいから乗り始めて6歳でまだへんしんバイクがちょうどいいくらいです。

小学生になったら体の成長をみて14インチか16インチを検討しようと思っています。

30分で自転車デビュー

ちなみに個人差はあると思いますが30分でホントに乗れます。

まとめ

2歳3歳のお子さんはランニングバイク

おすすめは「ストライダー」

3歳半4歳5歳のお子さんは12インチ自転車

おすすめは「ペダル組立済みのへんしんバイク」

へんしんバイクの組立ですが簡単とはいいますができれば購入店のプロにお任せしたほうがより安全ですし楽です。

私は結構手こずりました(笑)

お子さんの自転車選びの参考になればと思います。

 - 子供, 子育て

ツールバーへスキップ