NOWNOW

今、気になったことをバカがバカなりに語っていく!

3歳4歳5歳子供用自転車へんしんバイク100円ショップ安全性向上

      2016/02/29

IMG_20160111_142715

子供用自転車は体のサイズや筋力によって選びますがそれ以外にも安全性を高めることが大事です。

人は意外と足元を見ません。

ちょっと目を離したすきに自分の子供を見失うことしょっちゅうあります。

その子供がどこに消えたかというと意外と足元に居たり背後に居たりします。

見失ったこどもが自転車に乗っていたらどうでしょう?

不安は数倍にも膨れ上がります。

スポンサードリンク

 

子供用自転車危ない突発的な行動

3歳4歳5歳くらいの子供が自転車を乗るときは親が近くにいるのが当たり前です。

しかし親がどんなに注意をしても子供の突発的な行動を防ぐことはできません。

親が見失うのに意識のしていない周りの人が認識できないのは当たり前。

子供が自転車を乗り始めた時の危ない行動

  1. 後ろを気にせずに右左に行く
  2. よそ見をする
  3. 乗り慣れてくるとスピードを出す

この3点がヒヤっとする行動ですがもし周りに人がいたり自転車や車が来たりしたら事故につながります。

大人と一緒ですが周りの人や車にいち早く存在を認識してもらうことが事故防止に一番効果的です。

100円ショップに売っている自転車グッズ

100enshop001

左からフロントライト、リアライト、バルブライト、ベル

自転車ショップやホームセンターなどで買うとフロントライトだけでも1000円くらいします。

子供が安全なら安いものですができれば安く済ませたいのが心情。

上の写真4点を買う場合数千円はかかります。

ここで100円ショップ当たり前ですが4つで税込432円と格安。

商品によっては電池が別売りになりますがこれも100円ショップで購入可能。

電池を含めてもワンコインで揃います。

スポンサードリンク

実際に装着

各種ライトを装着してみる。
分かりやすいように夕暮れで撮影。

IMG_20160111_173958

IMG_20160111_174042

IMG_20160111_174109

これが108円のクオリティとは驚き。

バルブライトは衝撃により発光するものなので段差のある場所を走ったりしないと点灯しません。

今回は12インチサイズで一番人気のあるへんしんバイクをモデルにしましたがフロントライト、リアライトについてはランニングバイクのストライダーに装着するのもおすすめです。

使用上の注意

  1. 防水性はないので屋外に止める場合は脱着
  2. 脱着可能なので盗難に注意

子供の反応

子供は光るものが大好きです。

夜、自転車に乗ることは危ないので乗ることはおすすめしませんが自分の自転車が格好良くなったことで自転車に乗りたくてウズウズすること間違いなしです。

自転車嫌いのこどもにもドレスアップをして興味を持たせることで自分から乗りたくなるようになります。

補足

当サイトの自転車に乗っているこどもですが3歳半からへんしんバイクに乗り始めて現在満6歳です。

身長は110センチ体重は19キロです。

3歳半から満6歳まではへんしんバイクなどの12インチの自転車がおすすめです。

平均身長にもよりますが16インチ以上の自転車は小学校1年生以降の購入をおすすめします。

 - 子供, 子育て

ツールバーへスキップ